【小平市】花小金井夏祭り存続のためのクラファンが注目を集めています!

2024年6月5日から毎年7月に開催されるサンバカーニバルやみこしで街を彩る「花小金井夏祭り」の存続を目指すクラウドファンディングがスタートしています。今年の祭りは7月13日と14日に予定されており、開催まで1ヶ月ちょっととなっています。まいど青果このクラウドファンディングの目標金額は95万円。募集期間は6月5日(水)10:00から6月30日(日)23:00までとなっているようです。花小金井夏祭りは50年以上続く地域の伝統行事で、小平市民からはもちろん他県からも「今年も楽しみ」との声が多く寄せられています。しかし、高齢化や物価高騰の影響で、その存続が危ぶまれているとのことでこのクラウドファンディングを行う運びとなったようです。花小金井駅花小金井夏祭りは、日本ならではの伝統的な夏祭りとして知られています。雄大な大太鼓の響きが街中にこだまし、神輿が練り歩く姿が地域を活気づけています。また、新たな風を吹き込むためのサンバフェスティバルも開催され、老若男女問わず多くの人々に楽しんでもらえるイベントとしても知られています。水口酒屋しかし、商店街が直面している問題は深刻なようで、経営者の高齢化に加え、後継者不足が避けて通れない課題となっているそうです。祭りの運営を担う若手も不足しており、限られた数人のメンバーで運営を支えているとのことでした。さらには、お祭りへの補助金削減や物価高騰の影響で、運営に支障が出る深刻な状況となっているそうです。こうした背景から、クラウドファンディングの実施に至ったそうです。SEIYU地域の伝統を守り続けるためには、多くの支援と協力が必要です。花小金井夏祭りの未来を繋ぐため、地域住民や全国の方々の温かいご支援をお願い致します。

2024/06/11 08:09 2024/06/11 21:15
hanabon

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集